×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフが18ホールの理由

現在では、ほとんどのゴルフコースが18個のホールで設計されている。
クラブハウスから出て1番ホールから9番ホールまでを”アウト”折り返してクラブハウスまで戻ってくる10番ホールから18番ホールまでを”イン”と呼んでいる。

ゴルフ

なぜ、18という中途半端な数字で構成されているのだろう?

イギリスのスコットランド地方にある名門、セント・アンドリュース・クラブで、コースの数をそれまでの22から18に改造したのが1764年。

それまではクラブによってホール数はまちまちだったが、セント・アンドリュースのホールの配列や構造が評判を呼んだため、ゴルフ場の見本となったのだ。

18ホールとウイスキーにまつわるこんな話しもある。
昔は1ホールを終えるごとにウイスキーをグラスで1杯飲んでいた。

ウイスキー1本で約18杯飲めるので、ちょうどきりのよい18ホールにしたというわけ。
ウイスキーの1杯もゴルフの1打も”ワンショット”というのはその理由からきている。

スポンサードリンク
目次
野球で七回の攻撃がラッキーセブンの理由
ゴルフが18ホールの理由
”フーリガン”の語源
”ニッポン、チャチャチャ”
コールドゲームの語源
競走馬の名前の決め方
なぜ野球は9回まで?
Jリーグのチーム名
テニスのカウントが不規則な理由
野球や陸上が左回りの理由