×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なぜ野球は9回まで?

野球が9回制になったのは1845年のこと。それまでは、バレーボールやテニスのように、点数先取制で、先に21点取った方が勝ちだった。

野球

回数制になったのは、チームの専属料理人たちからのクレームがきっかけ。
訴えたのはニューヨークの野球チーム、ニッカーボッカーズ専属のシェフたちだ。

彼らの言い分は、試合終了後に相手チームとのレセプションがあったとしても、試合がいつ終わるかわからなければ、料理の準備ができない。

だから、あらかじめ終了時間の見当がつくようにして欲しいということ。そこで、回数制の誕生となったのである。

では、なぜ9回なのか?当時アメリカでは12進法の影響が強く残っていた。
そこで、野球にも12進法の3/4である9回が取り入れられたのである。

ちなみに、3ストライクで1アウト、3アウトでチェンジも12進法に由来するルールである。なぜ12回ではなく9回なのかは謎のままである。

スポンサードリンク
目次
野球で七回の攻撃がラッキーセブンの理由
ゴルフが18ホールの理由
”フーリガン”の語源
”ニッポン、チャチャチャ”
コールドゲームの語源
競走馬の名前の決め方
なぜ野球は9回まで?
Jリーグのチーム名
テニスのカウントが不規則な理由
野球や陸上が左回りの理由