×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

野球で七回の攻撃がラッキーセブンの理由

野球の試合では七回の攻撃になると、ラッキーセブンと呼ばれ、風船を飛ばしたり、声援がより一層大きくなるといった光景がよく見られる。
なぜ、七回の攻撃のことをラッキーセブンと呼ぶようになったのだろうか?

野球

今から三十年くらい前に、アメリカのメジャーリーグ、ニューヨーク・ジャイアンツが、その年のペナントレースで、どういう理由か七回の攻撃になると運がまわってきて、試合の流れが変わったり、逆転したりして、試合に勝利した。

その時、選手たちは口々に「七回の攻撃には運がまわってくるぞ」と言いはじめた。そのうちに、他のチームまでがまねをして、七回の攻撃は運がまわってくる回と思い込むようになっ てしまった。

野球の試合の打順は、だいたい一回から打ち始めたら、七回目あたりには三巡する。打者にとって三巡目は、相手投手の球に目が慣れてくるし、タイミングもつかめてくる。投手の疲れがで始めてくるのも、ちょうどこのころである。当然、得点のチャンスが生まれる可能性が高くなってくる。

ラッキーセブンというのは、幸運な七回目という意味で、野球の試合では一番得点しやすい回と言えるだろう。

スポンサードリンク
目次
野球で七回の攻撃がラッキーセブンの理由
ゴルフが18ホールの理由
”フーリガン”の語源
”ニッポン、チャチャチャ”
コールドゲームの語源
競走馬の名前の決め方
なぜ野球は9回まで?
Jリーグのチーム名
テニスのカウントが不規則な理由
野球や陸上が左回りの理由