×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自分をくすぐっても、くすぐったくない

人間がくすぐったいと感じるところというと、わきの下、足の裏、わき腹、など個人差はあるもののいずれも刺激に対して敏感なところ。

しかし、その感じ方は時と場合によって一定ではない。不意にたたかれた場合と心の準備ができていた場合とでは痛さが違うように、くすぐったさも気持ちによって感じ方は大きく変わってくる。

ひとつは、予測できるかどうか。他人にくすぐられる場合は「これからくすぐるよ」と言われたとしても、どのくらいの強さで、どんなタッチでくすぐられるかは予測できない。この予測できないということがくすぐったさを喚起させるのである。

また、くすぐる相手との関係にもよる。恐怖心を抱いている相手よりは、いつも一緒にいる人間にくすぐられたほうが、より強くくすぐったさを感じる。

さらにセクシーな気分だったりと性的な要素が加わると、より一層うくすぐったさを感じるのである。

スポンサードリンク
目次
太りやすい体質の原因
親知らずの由来
寒いと鳥肌がたつ理由
船やバスなどの乗り物に乗ると酔う理由
あくびは本当に人にうつるの?
あくびをすると涙がでる理由
男にも乳がんはある
頭も毛を剃ったら濃くなる?
白髪を抜いたら増える?
耳にツバをつけてプールにはいる?
女性に便秘が多い理由
羊を数えると眠れる?
自分をくすぐっても、くすぐったくない